信州小谷長野県小谷村の観光公式サイト

文字サイズ


おたりに泊まる


おたりおんせん

小谷温泉

歴史と風情あふれる山のいで湯

小谷温泉は450年以上の歴史を有する温泉です。
開湯は武田氏の家臣、岡田甚一郎による発見と言われており、武田信玄の隠し湯として伝えられています。
古くから湯治場として利用され、環境省より国民保養温泉地として認定されています。
3つの原泉があり、元湯、新湯、あつ湯とそれぞれ効能豊かな温泉です。
現在は「あつ湯 熱泉荘」と、「大元湯 山田旅館」で入浴いただけます。

小谷村の温泉マップ

入浴施設紹介

温泉マーク大元湯 山田旅館

泉 質:
ナトリウム、炭酸水素塩泉
効 能:

浴用…創傷、火傷、うちみ、皮膚病 他

飲用…肝臓病、糖尿病、痛風 他

飲 泉:
可○

開湯以来、約450年の歴史を持つ山田旅館。

効能も高く、健康保養のための長期滞在客に親しまれ、天然温泉の名湯として知られています。

立寄り湯の場合は、本館の原泉「元湯」から引かれているお湯に入ることができます。

その歴史から、江戸時代の建築の木造3階建ての本館をはじめとして6棟が国の登録有形文化財となっており、隣には、古文書を収めた資料館が併設されています。

立寄り湯料金:
大人:500円 小人:300円
利用時間  :
10:00~15:00
定休日   :
無休
お問い合わせ:
TEL:0261-85-1221 FAX:0261-85-1224 公式HP外部サイト
宿泊    :
収容人数:100名様 客室:45室
アクセス  :
【公共機関をご利用の方】

JR南小谷駅より村営バス(小谷線) 35分→
「小谷温泉山田旅館前」下車 すぐ
(冬期間、バスは大凪下まで)

【クルマでお越しの方】

国道148号線から、「小谷温泉口」信号を東(ダムの反対側)に進み、約20分





ページの上部へ戻る