信州小谷長野県小谷村の観光公式サイト

文字サイズ


おたりの文化

小谷山地から日本海へと向かう姫川の谷沿いに、かつての「塩の道」の要所として栄えてきた村、それが「小谷」です。
現在も、昔ながらの里山の生活、知恵やしきたりなどが大切に守られ、各々有形・無形の文化財を伝えています。
おとずれた瞬間、どこか懐かしく、ほっと心安らぐ郷愁を感じさせてくれます。

歴史を知る

塩の道の写真

塩の道

歩くたび、人々を深い郷愁に誘う塩の道。
かつて上杉謙信が、仇敵である武田信玄に塩を送ったという有名な故事はこの「塩の道」に由来しています。
塩とともに日本海からは海産物、信州からは麻や煙草という生活物資を、荷方である牛馬やボッカたちが盛んに往き交い、庶民の生活を支えていた、いわば汗のにじんだ庶民の道として続きました。
小谷には、当時の面影が色濃く漂う散策路が残っています。里山に囲まれた静かな道、険しい山道、それぞれが私たちにかつての風景を偲ばせてくれます。


千国の庄史料館の写真

千国の庄史料館

千国街道のかつての要所は、今では史料館として往時の暮らしぶりと歴史浪漫を伝えています。

小谷村郷土館の写真

小谷村郷土館

全国的に珍しい茅葺の村役場として使われ、その後、郷土館として小谷村の民俗・考古学・歴史資料等を多数展示しています。

牛方宿の写真

牛方宿

かつては千国街道沿いに何軒もあった牛方のお宿。
今ではこの宿が唯一、昔の塩の道を物語る証です。


小谷のお祭り

中谷大宮諏訪神社例祭の写真

中谷大宮諏訪神社例祭

地元の子供達が守る、県無形民俗文化財指定の軽快な狂拍子や、12人の奴踊りが見物のお祭りです。
毎年8月最終土日開催。

千国諏訪神社例祭の写真

千国諏訪神社例祭

獅子とササラのおどけた踊りがユニークな、別名「ささらすり」と呼ばれる奇祭です。
毎年9月下旬開催。

深原 花とうろう祭りの写真

深原 花とうろう祭り

豊作を願い、夕闇のなか花灯籠や獅子舞をお宮に奉納する、幻想的なお祭りです。
毎年9月中旬開催。

大網火祭りの写真

大網火祭り

山岳信仰の秘宝による、民族伝承の火祭り。霊峰雨飾山の神の使いに扮した地元の男性達による力強い神事は圧巻です。
毎年2月第2土曜日開催。

塩の道祭りの写真

塩の道祭りリンクアイコン

往時を偲ぶ旅姿の人達と、自然豊かな塩の道を歩きましょう。
道中を盛り上げるイベントも多数開催されます!
毎年5月開催。

新そばの写真

小谷新そば祭り

新そばの美味しい10~11月、村内の店舗では色々なおいしい特典をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております!



ページの上部へ戻る