MENU

おたりの特産


ちゃのこ

ちゃのこ

ちゃのこの写真

ちゃのことは

【ちゃのこ】とは、小谷村で昔から食べられている郷土料理。長野県内の周辺地域にも多くの「おやき」が伝統食として残っていますが、ちゃのこ独自の大きな特長は皮に馬鈴薯を使用しているところです。

そば粉・小麦粉に加え、ゆでた馬鈴薯を練り込むことでやわらかく、もっちりした食感になります。これは、農作業の合間に手軽に食しながらも、腹持ちをよくするためでもあったようです。

古くから地元の人々に親しまれてきたちゃのこを後世まで受け継ぐために、働き者の小谷のかあちゃんが、一つ一つ愛情込めて手作りしています。

無添加・無農薬なんて
あたりまえ!
あたしらの母さんや
ばあさんの頃と
おんなじ作り方だもの

ちゃのこ

作っているのは

おたり娘の会

地域の活性化と地産地消を目的に、小谷村のかあちゃんたちで結成された「おたり娘の会」。ちゃのこの他、饅頭、小谷おこわなど、地域の伝統食を大切に手作りしています。

小谷村・伊折地区

小谷村・伊折地区では、棚田の残る原風景を守り、心豊かに暮らせる地域づくりのため、遊休農地を活用し、米のほか小麦やそば、野菜の生産を行っています。

おたり娘の会

こだわり

地域振興を第一に考え、ほとんどの材料を小谷村内の生産者・団体へ依頼しています。昔から小谷村では、山間地・豪雪地帯という自然環境の中、稲作のみならず様々な農作物を生産し、人々の生活を支えてきました。

現代では、昔ながらの棚田や農村風景を守り、お年寄り農家でも活力ある農業=地域の活性化を目的とし、行政と地域住民が一丸となって無農薬の安全な農作物の生産を積極的になっています。

その安全・安心な地域の食材をふんだんに使用し、昔ながらの作り方にこだわったちゃのこは、現代の人の口に合うように皮の硬さ・具材の味付けなど日々様々な工夫がなされながらも、伝統食としての価値を大切に守り続けています。

素 材

ちゃのこの皮

小谷産のそば粉・馬鈴薯・小麦粉を使用しています。

素材

小麦粉
そば粉
馬鈴薯

こだわりの具

野豚

のびのび育った小谷野豚

野豚のちゃのこには、小谷村の大自然の中、大事に育てられた『小谷野豚』を使用しています。引き締まった赤身と甘みのある脂身が特徴です。

野豚のほかにも、小谷で育てた農作物を使用しています。

味わう



ページの上部へ戻る