このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

音声告知システム

最終更新日:2017年3月27日

小谷村ケーブルテレビ加入者(映像加入者)全戸に「音声告知端末機」を設置しております。

音声告知端末機の役割

  1. 役場等からの緊急放送や行政放送、全国瞬時警報システムからの警報(大規模地震等の事前告知)を各戸内へ瞬時に音声で放送します。
    緊急放送や行政放送の運用開始については、有線放送農業協同組合との協議により決定します。
    全国瞬時警報システムは、平成23年3月24日より運用を開始しております。
  2. 村内で受信状況の悪いFMラジオ(FM長野とNHK-FM)を、ケーブルテレビ網を使って再送信しますのでいつでも聞くことができます。
    ラジオの再送信は平成22年10月から開始しています。
  3. 現在、小谷村の行政情報や緊急情報等については、小谷村有線放送農業協同組合の設備を利用し各戸へ放送しておりますが、有線電話放送設備の老朽化が著しく、改修には莫大な費用がかかります。将来的には有線放送が担っている放送形態全てを、この音声告知放送システムにて担うことを想定しています。

Q&A

Q1なぜ音声告知システムが必要なのですか?

A1小谷村の行政情報や緊急情報については、有線放送農業協同組合の設備を利用して各戸に伝達しておりますが、有線放送設備の老朽化が著しく、いつ壊れてもおかしくない状況です。しかし多額の費用がかかるため、有線放送協同組合での改修が困難となっており、その代替施設としてケーブルテレビ網を利用して音声放送ネットワークを整備するものです。 将来的に現行の有線放送は、音声告知端末機を利用することを見込んでおりますが、その移行時期については有線放送協同組合との協議により決定します。
また、ケーブルテレビは村内の100%近い世帯が加入しており、緊急情報や防災情報を村内にくまなく伝達することができます。

Q2全国瞬時警報システムとは何ですか?

A2全国瞬時警報システム(通称:J-ALERT(Jアラート、ジェイアラート))とは通信衛星を利用し、対処に時間的余裕がない大規模な自然災害(大規模地震等)や弾道ミサイル攻撃等についての情報を、「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるシステムです。小谷村では役場屋上のアンテナで受信し、ケーブルテレビ網を通じて音声告知端末機より放送される仕組みとなります。

Q3無給電タイプの光端末機(V-ONU)へ改修する理由は?

A3現行の光端末機は、停電時には全ての放送が止まってしまいますが、無給電タイプにするとFM帯域の信号を出力することができるため、停電時にもFM帯域の信号を利用した防災・緊急放送等を各戸へ放送することができます。但し停電時には音声告知端末機に乾電池をセットする必要がありますので、必ず乾電池を備えておいてください。できれば告知端末機にセットしておいていただき、定期的に交換いただくことが理想です。

Q4有線放送の放送形態が全て音声告知端末機に移行した場合、有線放送施設で活用している「ページング放送」はどうなるのですか?

A4音声告知放送システムでもページング放送と同様の運用ができます。この場合、一般電話または携帯電話から音声を録音することになります。有線放送の運用移行時には操作方法等を配布しますのでご活用ください。

Q5複数の部屋で聞こえるようにしたいため、スピーカーを増やしたいのですが…

A5各戸1台までは無償で設置しますが、2台目以降については有償(実費買取)となります。希望がありましたら企画財政係まで申し込みください。なお、音声告知端末機には外部スピーカーへの出力端子(ライン出力のためアンプを通す必要があります)も付属しておりますので状況により活用ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp