このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

小谷村地震対策本部 地震対策本部会議顛末

最終更新日:2017年3月27日

平成26年12月5日17時現在(最終回)の地震による被害状況

災害名称

「長野県神城断層地震」

人的被害

負傷者 1名(軽傷)、3名(重傷)

被災建築物応急危険度判定

  応急危険度判定は、大地震により被災した建築物を調査し、その後に発生する余震などによる倒壊の危険性や外壁・窓ガラスの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定することにより、人命にかかわる二次的災害を防止することを目的としています。
  応急危険度判定は、行政が民間判定士のボランティアによる協力のもとに、地震により被災した建築物による二次的災害を防止する目的で実施されるものです。

→  詳しくは赤・黄・緑色の紙の説明【被災建築物応急危険度判定の説明】(PDF/187KB)をご覧ください。

注:罹災証明の為の調査や被災建築物の恒久的使用の可否を判定するなどの目的で行うものではありません。

家屋の状況

11月30日、全壊4棟4世帯を6棟6世帯15人に修正
避難者101世帯225名のうち、他の施設への移行者は22世帯47名。
受け入れ申し出施設数46施設(宿泊施設20・個人他26)  441名分
11月29日、知事と白馬小谷被災者とのタウンミーティングを開催(村長出席)
宅地の危険度判定を長野県で実施。実施範囲は家屋の危険度判定と同じエリア。

  • 危険家屋
    曽田2、奉納6、大草連1、田中1、高地2、松本1、神久1、千沢7、中谷西2、長崎4、中谷東1、真木3、池の平3、黒川2、栂池南2、月岡1
    計39戸    →  避難指示(注)
    注:避難指示・・・避難中の住民は、確実な避難行動を直ちに完了し、未だ避難していない住民は、直ちに避難行動に移ることをいいます。

  • 要注意家屋
    三ヶ村1、石原1、太田1、曽田16、上手村2、田中1、松本1、神久1、清水山2、中谷西8、中谷東4、瑞穂7、奉納13、大草連2、高地7、白岩1、千沢5、真木5、伊折2、池の平4、滝の平5、梨平5、白馬大池2、坪の沢1、黒川1、宮の下1、千国崎1、千国1、川内1、栂池2、平間2
    計106戸  →  避難勧告(注)
    注:通常の避難行動ができる者は、計画された避難場所への避難行動を開始する

  • 調査済
    計62戸

家屋の応急措置

  • 応急措置については、新潟県中越地震の時活躍された「建物修復支援ネットワーク」の支援をいただきながら、小谷村建築業者協会が被災者と面談の上この冬を乗り切る対策を講じて行く予定
  • 建築事業者協会と「建物修復支援ネットワーク」の打ち合わせ等は11月28日に実施
  • 村内建築業組合と締約し、危険家屋について最低限度の修理を実施予定
  • 12月1日・2日と応急修理の打ち合わせを村内建築業組合と開催

国県道の通行止め

  • 国道148号は立の間と白馬大池駅北で通行止め  11月27日 倒木除去完了
  • 通行止め箇所について、H鋼施行中、ボーリング完了  12月中旬復旧見込み
  • 県道川尻小谷糸魚川線は中土郵便局から小谷温泉間が時間規制開放(6時~18時)

村道の通行止め

  • 滝の平線(国道から滝の平踏切付近まで)当分の間
  • 大草連線(県道から真木集落まで)当分の間
  • 戸石線(戸石地区入口付近)当分の間
  • 村道大鹿線(小土山地区上部、坪山原農地に続く道)当分の間
  • 村道大峰線(中谷側入口から上手村上部まで)当分の間
  • 村道塩の久保線(中谷西地区上部)当分の間
  • 冬期除雪対応のため、オペレーターによる村道の確認作業を行い、応急復旧を目指す

村道関係

  • 道路20路線52か所、橋梁2路線2箇所について災害申請する。
  • 12月1日~ 測量設計コンサル12社により、災害査定に向けて測量実施
  • 災害査定は1月末からの実施予定

林道の状況

  • 黒川線応急工事により復旧
  • 東山線は六合地区手前で大きく被災。東山線に新たな崩落あり
  • 妙高小谷線は雨飾荘裏側からの崩落で通行不可
  • 測量、写真撮影終了

耕地関係

  • 来週から測量にはいる予定

林務関係

  • 馬越地区に伸縮計設置
  • 熊沢崩落発見

水道断水

  • 中土簡水(中谷地区)の断水は解消。(なお、仮配管につき10施設については未復旧)
  • 坪の沢配水池への電柱倒壊、危険防止のため送電停止。給水車による対応。
  • 中谷西方面一時給水につき調整中

ごみの受け入れ

  • 12月6日(土曜日)  2回目粗大ごみ回収実施予定
  • ボランティア56名、軽トラック37台、役場4t車2台で対応
  • 来週、環境省による現地調査予定

避難の状況

  • 広域避難所の大網・道の駅・小学校は一時閉鎖。社会体育館を11月27日  10時から一時閉鎖
  • 11月29日  曽田公民館、一時閉鎖
  • 11月30日  中通基幹センター、一時閉鎖
  • 12月3日  午後1時 中土観光交流センター、一時閉鎖
  • 村内2か所の避難所へ避難している人は18人(12月4日  20時現在)
  • 12月5日  滝の平へ1世帯帰宅(地区水道復旧による)
  • 来週からボランティアセンターを社会福祉協議会に移動する

教育関係

  • 平常運営

交通機関

  • 村営バス  冬時刻変更で運行中
  • JRの滝の平線踏切南側復旧工事中
  • JR大糸線  地域支援バス南小谷駅発7時05分のバスを栂池周りで運行し、白馬駅発の列車に接続、白馬駅発17時20分のバスを栂池周りで運行
  • JR大糸線  南小谷~白馬間に代行バスを運行

国土交通省

道路補修調査結果を報告し撤収。(調査員20名  道路12名、橋梁6名、調整2名)
 

警察・消防関係

  • 災害時における盗難防止に注意が必要
  • 降雪により車輌事故3件発生、凍結注意

砂防事務所

  • 地すべり地区7か所に伸縮計、サイレンを設置済。
  • かくれ沢  ブロック設置完了につき応急工事完了
  • 追加4か所  戸石・大沢・梨平・馬口岩に伸縮計設置予定
  • 直後の土砂災害3件確認  八方岩東側斜面、馬口岩、日堂  今後注視する
  • 地すべり地域内クラックの穴埋めを来週から実施

長野県

  • 災害申請書作成業務支援  12月2日~  8名体制で調査確認(1週間程度)

義援金関係

  • 11月27日から義援金受付開始(JA大北、長野銀行、八十二銀行、ゆうちょ銀行)
  • 12月5日までお寄せいただいた義援金  7,099,163円、見舞金  2,835,000円

その他

  • 罹災証明発行についての12月2日栄村の研修受け、12月4日から村内調査を実施
  • 12月4日~調査を開始。8日~管内市町村と糸魚川市から応援をいただき実施予定
  • 来週から防災協定により白子町と菊川市から2名ずつ計4名が支援に入る
  • 12月6日、12月7日の連絡会議は行わない

平成26年長野県北部地震にかかる災害に対する金融上の措置について

今回の長野県北部地震による被害により災害救助法が適用された長野県北安曇郡白馬村、同郡小谷村及び上水内郡小川村内の被災者に対し、状況に応じ以下の金融上の措置を適切に講ずるよう各金融機関、証券会社等、生命保険会社、損害保険会社、少額短期保険業者及び電子債権記録機関に要請しました。また、今後、災害救助法の適用地域が追加された場合も同様に金融上の措置を適切に講ずるよう要請しました。
併せて、本要請内容について営業店への周知徹底を図るとともに、災害被災者の被災状況に応じて、きめ細かく弾力的・迅速な対応に努めるよう要請しましたので、お知らせします。

注:関東財務局HPより引用

詳細はコチラから → 関東財務局HP

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 庶務係
電話番号:0261-82-2024
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:soumu@vill.otari.nagano.jp