このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

キワダ(キハダ)

最終更新日:2017年4月12日

 村長だけが訛るのか、小谷の人が訛るのか、キワダと言っておりますが、漢方薬の黄檗(おうばく)はこの木の皮です。その、皮だけでなく木も利用しようという計画が進行中です。

 

 夏、土用のころ、木を伐り樹皮を剥ぎます。

 

 表皮の黒い部分を取り除き黄色い皮の部分を乾燥して出荷します。

 

 残された材木はそのまま腐敗するに任せていたのですが・・・・

 

 材木も黄色がかった褐色で趣があるから利用しようと・・・・一年間寝かせた(捨てておいた)木を搬出して製材しました。

 

 切断した断面は外側の黄色から内部の褐色に変化する色合いが綺麗です。

 その板でコースターやドア(下の板張りの部分)を作って寄付していただきました。村長室の茶たくや役場の会議室のドアで村民に周知を図っていますが・・・・さらに学校の勉強机もこの板を使用したものを寄付していただきました。生産組合の皆さん、木工所の皆さんありがとうございます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp