このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

ベトナムへ・・・1

最終更新日:2017年8月15日

 7月中旬、知り合いの首長さんとベトナム(ベトナム社会主義共和国)ホーチミン市へ私的の視察旅行を行いました。小谷村のような山村でも労働力不足で、冬季の観光シーズンなどは宿泊施設や索道施設の労働力としてベトナムなど東南アジアの若者を受け入れているという現実があります。

ベトナムへの写真1

ベトナムへの写真2 

 高いビル(サイゴンスカイデッキ)からの写真です。手前がホーチミン市の市街地、川はサイゴン川、対岸では農地を工業団地に造成する工事が急ピッチで進んでいました。

ベトナムへの写真3

ベトナムへの写真4 

 農地と林と川は有るけど山が無い。

 もともとホーチミン市の周辺は、メコン川やサイゴン川のデルタ地帯で平らな土地だそうですから、小谷の村長のように山を見て方向を知る人間には、どちらが北やら東やら・・・・ホーチミン市内からメコン川や海を見に出かけたのですが、ガイドの人に「今日はどちらへ向かっているのですか?」と地図を片手に聞きまくっていました。

ベトナムへの写真5

 実は2年前もベトナムに旅行したことがあったのですが、益々オートバイが増えて・・・・走っている車のメーカーを聞けば、「ホンダ、ヤマハ、スズキ」と、人気のある二輪車のメーカーの名前が!

ベトナムへの写真6 

 道の周辺は建築ラッシュ

ベトナムへの写真7 

 オートバイ、オートバイ、々、々・・・・・・・・これから、この国は急速に発展すると思いました。何といっても若い人が多いですから

ベトナムへの写真8 

 信号のない交差点が多く、ラウンドアバウト ロータリー交差点の中も一斉に多量のオートバイと車が侵入してくるので、何が何やら判りません。・・・・・・・村長は絶対にこの国で車の運転は出来ません(最近は「小谷村内でも村長は危ないよねー」と外野の声)

つづく

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp