このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

南白亀川イカダのぼり顛末

最終更新日:2018年8月8日

 何時にもまして暑い夏ですが、今年も南白亀川(なばきがわ)の「イカダのぼり大会」に参加しました。20数年まえから連続出場だそうですが、女性の部に副村長率いる雨中レディース、一般の部に村職員の選抜チームの2チームがエントリーしました。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像1 

 村長も毎年のように参加している(昨年休み)イカダのぼり大会ですが、スタート地点から見る景色がずいぶん違います。・・・・津波対策で堤防を2mほど嵩上げしているそうです。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像2 

 深夜零時にマイクロバスで小谷を出発したメンバーは早朝に白子町に到着しました。・・・・全員元気で朝食です。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像3 

 10時、大会会場は大勢の人であふれていました。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像4 

 開会式です。挨拶は白子町長の林さんです・・・・今年は出場チームが多く過去最多の81艇が出走するそうです。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像5 

 一般の部に出走する小谷職員チーム7-7・・・・小谷村が作った木製イカダが廃棄処分となったので、出来るだけ速い(と思われる)イカダを白子町から借りました。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像6 

 スタート前の小谷職員チーム・・・・ちなみに7-7のイカダ番号は7試合目に7レーンからスタートという意味。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像7 

 スタートで大きく出遅れましたが1位と2位が浅瀬でトラブっている間に追い抜き2位で予選はゴールしました。・・・・決勝戦では残念ながら6位でした。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像8 

 一方余裕の「雨中レディース」は!

南白亀川イカダのぼり顛末の画像9 

 8番目に3レーンからスタートです・・・・女性の部は予選なしで7チームの参加で争われました。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像10 

 スタートからしばらくの間8-2チームと首位争いをする「雨中レディース」。トップで視界から消えたのですが、結果は4位でゴールして入賞ならず・・・・後半バテましたとの報告。村長と同年代の人も何人かいたので「年かね?」と聞いたら叱られた。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像11 

 戦い終わって、気勢を上げる女性陣。

南白亀川イカダのぼり顛末の画像12 

 その後も元気にダンスに参加するなど体力満々・・・・夜の懇親会の後、12時までカラオケに興じたとか。(そのために競技では体力を温存していたんじゃねーかい?)

 翌日は、全員元気に炎天下(熊谷で41度オーバーの日)を小谷に帰りました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp