このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

栂池ノルディック2019

最終更新日:2019年3月14日

 今年も、3月2日に2019ジュニアノルディックスキー選手権大会が開催され、県内外から401名が出場しました。また、翌3日開催の第53回栂池ノルディック大会は一般も含め、390名の参加があり、盛況のうちに開催することができました。

栂池ノルディック2019の画像1 

 前日は雨のち曇りで雪はザクザク、歩けば靴がモグル状況で、クロスのコース整備やジャンプのバーン整備は大変でしたが、2日は夜間の降雪と冷え込み、3日も放射冷却でジャンプ競技も無事に行われました。・・・・翌日4日はまた雨でした。

栂池ノルディック2019の画像2栂池ノルディック2019の画像3 

 スペシャルジャンプもコンバインドジャンプも出場者が増えてきました。・・・・特に小学生が頑張っています。

栂池ノルディック2019の画像4栂池ノルディック2019の画像5 

 2日のクロスカントリーのフリー競技はマススタートで行われました。ゴール順が成績ですので応援に力が入ります。

栂池ノルディック2019の画像6 

 3日のクロスカントリーはクラシカル競技でインターバルスタート、時間もかかり距離も長いためタイムが報告されるまで順番がわかりません

栂池ノルディック2019の画像7 

 コンバインド競技のクロスはジャンプの点数によるインターバルスタートです。・・・・なのでゴール順が成績で年寄りにも判り易い。

栂池ノルディック2019の画像8栂池ノルディック2019の画像9 

 2日の競技は男女別、中学生の入賞は6位まで、小学生は10位までです。3日の競技は全て6位までで、ジャンプとコンバインド競技は男女を分けない(女子が優勝したクラスもあります)・・・・小谷の選手もガンバって上位に入りました

栂池ノルディック2019の画像10 

 コース整備に大活躍した、村が昨年度購入のウインチ付圧雪車(Pisten Bully)・・・・大会前後が雨で大会中は晴天で冷え込むという幸運に恵まれました。村長は2日間の応援で、雪焼けのため顔は真っ黒で鼻の皮がはげて「赤鼻の野豚」といったところです。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp