このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

小谷村観光地域づくり審議会

最終更新日:2020年3月3日

小谷村観光地域づくり審議会について

小谷村では、観光振興による地域活性化のあり方を検討するため、「小谷村観光地域づくり審議会」を設置しました。

諮問内容

小谷村は、様々な観光資源に恵まれており、スキー場開発を中心に観光業が発展しましたが、スキー人口の減少や旅行形態の変化などにより観光客の入込は減少傾向が続いています。
このような変化を踏まえて観光振興による地域活性化を実現していく必要があることから、将来に向けて村が進めるべき観光振興の基本的な方向性について、審議会に意見を求めました。

小谷村観光地域づくり審議会委員

委員

猪股 充拡(小谷村議会議員)
今井 頌治(小谷村商工会長)
扇田 孝之(地域社会研究家)
髙山 光弘(株式会社総合環境研究所代表取締役)
田口 昌雄(日本スノーリゾート・シンポジウム代表世話人)
田原 重男(小谷村山案内人組合長)
平尾 勇(株式会社地域経営プラチナ研究所代表取締役)
深澤 和子(株式会社トータルタタミサービス役員)
藤原 真弓(農山村体験交流施設ゆきわり草管理者)
武者 忠彦(信州大学経法学部准教授)

事務局

風間 真二(小谷村副村長)
関 芳明(小谷村観光振興課長)

小谷村観光地域づくり審議会会議内容

第1回小谷村観光地域づくり審議会の概要

【会議次第】
(1)小谷村観光地域づくりの方向性について
(2)観光行動の現状分析・評価

【会議結果】
第1回目の審議会では、有識者である扇田委員と田口委員からプレゼンをしていただきました。
扇田委員:自身の体験から、小谷村の観光地域づくりに対する方向性のお話や提案
田口委員:世界と日本の観光を比較した現状のお話、環境に配慮した観光地域づくりについて、時代に合わせたデジタルマーケティングについて

第2回小谷村観光地域づくり審議会の概要

【会議次第】
(1)小谷村の環境資源を活かした観光
(2)小谷村の産業経済活動の姿

【会議結果】
第2回目の審議会では、第1回目と同様に有識者の髙山委員と平尾会長からプレゼンをしていただきました。
髙山委員:里山をテーマに今現在ある環境資源を生かした地域づくりについて
平尾会長:統計調査をもとに小谷村の現状と小谷村の新しい魅力について

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

観光振興課 観光商工係
電話番号:0261-82-2585
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kanko@vill.otari.nagano.jp