このページの本文へ移動

ページトップ

長野県北安曇郡

文字サイズ
標準

あいさつ「今月の村長室」

最終更新日:2021年1月7日

小谷村長

村長

中村 義明  (なかむら  よしあき)

第8代村長に就任(自:平成31年4月27日~在職中(1期目))

令和3年年頭のごあいさつ

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

令和三年、村民のみなさまには健やかに新年をお迎えのことと存じます。日頃村政へのご理解とご協力に感謝するとともに、皆様の御健勝と御多幸を心からお祈り申し上げます。

昨年の当村を省みますと、五十年来の少雪が年末年始のスキー場を軸とする冬季観光に大きな打撃を与えました。2月に入り持ち直した感はありましたが、3月に新型コロナウイルス感染症の感染拡大が猛威となり、全国的な人の往来に制限が加わり、全ての事業への自粛も余儀なくされ、以降、年末までコロナ禍に終始混乱した年であったと感じています。
また、全国的に気候変動の影響が出てきており、昨年七月には、熊本県を中心とする九州地方で、線状降水帯となった梅雨前線が、過去に経験の無い雨量をもたらし激甚災害で大きな被害を引き起こしました。
当村においては、少雪、コロナ禍を除けば比較的平穏な天候で、村を揺るがすような豪雨災害等にみまわれることもなく済んだことには、すこし胸を撫でおろしているところであります。

本年、期待された雪は、12月14日に小谷村を一面の白銀の世界に変えてくれました。19日まで降り続いた雪が、根雪となり小谷村らしい年末年始を迎えられたことに心から安堵しています。
また、スキー場を運営する索道事業者の皆様には、高所において北アルプス圏域でいち早くスキーシーズンをお客様にご提供いただきました。昨年村として大きな支援をしているだけに、その後も各スキー場において営業を開始できていることには、感謝を申し上げるとともに、今後コロナ禍にあっても安心安全なスノーリゾートの運営を継続いただきますよう望んでいます。

村では、この冬の特色ある観光誘客の一環として「チームラボ☆未来の遊園地」事業を1月23日から一か月間に亘り開催する予定としております。
コロナ禍における感染防止対策をしっかりと確立した上での開催を目指し、現在実行委員会によって準備を進めております。
村内に宿泊し、スキー場でスキーやスノーボードを満喫するお客様にプラスのアトラクションとして、また、近隣市町村や県内各地からも小谷村に足を運んでいただき、小谷村での魅力を体感していただくための事業でありますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を見極めての開催となり、大変心配するところであります。是非お越しいただくお客様が、色々なコンテンツを体験し、再び小谷村を訪れていただけることにつながる事業として実施できるよう切に願っております。

さて、本年4月からは、小谷村第6次総合計画の初年度が始まります。
現在、振興計画審議会に諮問し、2月末までに向こう10年間の小谷村が進むべき方向性について審議をいただいております。答申に向けてタイトなスケジュールではありますが、審議委員の皆様には、将来の小谷村を見据え活発なご審議をいただいておりますことに感謝を申し上げます。

結びに、令和三年は辛丑年ということです。干支の読み解きを見ますと、「つらい時が多いだけに、大きな希望が芽生える年」と記述されているものがあります。コロナ禍を乗り越え、大きな希望に満ちた年となり、チーム小谷として着実に、芽吹きを迎えられるよう進めてまいりたいと考えております。
村民の皆様のご理解とご協力を、そして皆様が健康で、明るく、平穏な年であることを切に願って、年頭のご挨拶といたします。


小谷村長
中 村 義 明

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?




このページの内容はわかりやすかったですか?




このページの内容は参考になりましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務課 企画財政係
電話番号:0261-82-2038
FAX番号:0261-82-2232
メールアドレス:kikaku@vill.otari.nagano.jp